60cm水槽の設置場所を決める時に考えるべき3つのポイント

koke_2014-04-25_1

これから水槽ライフを楽しみたい!
とお考えの方も多いことでしょう。

60cm水槽を買って、
ネオンテトラを30匹ほど買って、
水草も2,3種類買って
そして常に見えるようにリビングに置くぞ〜!
と楽しく計画を立てているアナタ。

ちょっと待って。
水槽の設置場所は水槽のメンテナンスのことも含めて考えたほうがいいよ。

スポンサードリンク

意外と重要、水換えのしやすさ

upload

我が家の水槽はあまり考えずにキッチンに設置。
でもこれがまぁイイ設置場所だったかな、と今は思います。

なぜって?
水換えがしやすいんです。

頻繁に行う作業なので結構重要な水槽設置ポイントかなと思っています。
具体的な3つのポイントをまとめてみた。

水まわりに近い

prohosem_2014-05-17_1

3辺サイズが60×30×36cmの60cm水槽の水量は約60リットル。
1回の水換えで約20リットルを交換となると大きめのバケツで結構な重さになります。

水槽まで運ぶのは結構な労働です。

蛇口など水道の近くに水槽を設置できないか考えてみましょう。

水を捨てやすい

今度は水換えで汲み出した水の捨て場所をイメージしてみましょう。

我が家の水槽は1戸建ての2階台所に水槽を設置しています。
すぐそばに台所のシンクがあるのですが、水槽の古い水を捨てるのは衛生上よろしくないと思ってます。

そこで水満載のバケツを持って1階まで階段を下りて玄関を開けて外に捨てています。
これが結構ハードなんですw

あなたの家ならどこに捨てますか?
水槽設置場所から古い水槽水を捨てる流れをイメージしてみましょう。

濡れてもイイ

upload

水換え作業はどれだけ慎重に行なっても必ず水がこぼれます。

ある程度、濡れてもかまわない場所に水槽を設置できないか考えましょう。

以上、3つポイントをあげてみました。
参考になれば幸いです。

Lets enjoy aqua life!

スポンサーリンク

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です