混泳60cm水槽エーハイム2213フィルターを1年半ぶりのお掃除

ペットショップやホームセンターなどでディスプレイされている水槽をまじまじと見ていて、ちょっと気づいたことが。

うん、確かに我が家の水槽とは違う。何がって?

フィルターから排水されている水流の強さ、ですよ。

店にディスプレイされているフィルター排水水量は、ドバーッって感じで力強くい。

対して我が家の水槽は、チョロチョロと元気がない。

水槽ガラス面が、すぐにコケだらけになるのも水が浄化されていないからではないのか?

前置きが長くなったが、こういった経緯から久方ぶりにフィルターをお掃除してみた。

フィルター電源、連結ホースを外し、モーターヘッドを外す。

うわー、なんだこれ。

細かなゴミ?がたくさん浮いてる。

エーハイムフィルターは、フィルター下部から吸い上げて各種フィルターを通って上部から水槽へ排水する仕組み。

いろんなろ過フィルターを通っての、これは一体なんなのか? と謎につつまれつつ排水。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1年半使用したフィルターの中はこんな感じ

一番上部の活性炭フィルターに泥状のものが大量に付着。微生物であるバクテリアが活発に活動している証拠でしょうか。

新品フィルターろ材をセット

構成は下から

  • エーハイムメック
  • 粗目フィルター
  • エーハイムサブストラットプロ
  • 細目フィルター
  • 活性炭フィルター

で、水流の強さはどうなった

エーハイム2213 掃除前の水流
エーハイム2213 掃除後の水流

はい。上の動画が掃除前、下の動画が掃除後。

若干、水流力強くなってますね。

でも、買ったときってもっともっとドバーッって感じだったので、羽部分インペラーが原因なのか、そもそもモーターが弱ってんのか。

でも水の透明度がものすごーく上がった感じがする。

みなさんも、定期的にフィルターの掃除しましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする