11年目の混泳60cm水槽が全滅!? 冬のヒーターと水温管理の重要さを思い知らされる

2022年12月末。

コロナ陽性になってしまい、自宅で隔離療養になってしまった。

症状がわりとおもくて1週間くらい寝込んでしまい、水槽の管理は嫁さんに頼むことに。

そこで悲劇が・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒーターが水面から出てしまっていた

コロナ隔離4日目くらいに「おっきい魚が死んでるー」「あ、ズボも死んでるー」と嫁の叫び声。

ただごとではないと、まだしんどい体にむちうって水槽へ。

よくよくみると水温が10度以下になってる。

嫁さんも年末は仕事休めないということで、徹底した部屋の換気と隔離をおこなっていた。

水槽は台所にあって、コロナ隔離中は窓を開けっ放しにして換気。

嫁が台所で料理をするときは台所のドア、引き戸を締めて接触しないようにしていた。

で、この台所のドアを締めたときに、どうやら水槽の電源コードを引っ張ってしまいヒーターが水面から出た状態になってしまった模様。

11年目の混泳水槽全滅か・・

かわいそうだけど

  • レッドライントーピードバルブ
  • アベニーパファー
  • ラミーノーズテトラ

が全滅。

落ち込んでいたけど、ニジイロボウズハゼは2匹とも無事。

すごい、強いね、ニジイロボウズハゼ。

ということで、ドタバタとして2022年は過ぎていきました。

おすすめ60cm水槽ヒーター

テトラのミニヒーターコントロールは、水温を15度~35度(±1.5度)でコントロールできます。

そしてボディサイズも小さくて、縦置きで目立たない。

いま60cm水槽に投入しているヒーターは、水温を25度に保つタイプ。

水槽内でも存在を主張しているので、このミニヒーターに買い替えます。

created by Rinker
テトラ (Tetra)
¥2,697 (2023/02/03 20:26:09時点 Amazon調べ-詳細)

2023年は日本淡水魚を飼う

近くのホームセンターで日本の淡水魚を売り始めていて、シルバーのボディがかっこいいな、と惹かれていた。

ただなんとなく縄張り争いが激しそうなイメージがあったので、いまの魚との混泳は無理だろうなと。

いまの魚たちがいなくなったら飼おう、と思ってたところだった。

こんなかたちでいなくなってしまったけど、2023年は日本の淡水魚いきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする