初めての日本淡水魚イチモンジタナゴ。いぶし銀のたたずまいで渋い。飼育方法は?混泳できる?

2022年年末、コロナ陽性で寝込んでいるあいだに全滅してしまった60cm水槽。

かねてより飼ってみたいと思っていた日本の淡水魚に挑戦!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イチモンジタナゴを4匹投入

ちかくのホームセンター コーナンに日本の淡水魚コーナーがあって、タナゴやアブラボテ、ドジョウなどが売られている。

どれにしようか悩んで、お店の人に相談して比較的おとなしめのイチモンジタナゴを購入。

  • イチモンジタナゴ 4匹
  • 2,552円

なり。

環境に慣れるまで隠れてなかなか姿をみせない

体長は4,5cmほど。

水合わせをおこない、水槽へ投入。

写真を撮った日は、水槽投入から1週間ほど経過後。

ようやく環境にも慣れてきて泳ぎ回るようになってきた。

でもまだ岩の影に隠れていることが多くて、テトラなどのように水槽内を泳ぎ回る、という感じではないです。

イチモンジタナゴには、隠れる場所が必要なようです。

イチモンジタナゴにヒーターは必要か?

ヒーターが原因で全滅してしまった60cm水槽。

生き残ったニジイロボウズハゼは、水温低くても大丈夫そう。

日本の淡水魚は、ヒーター不要です と店の人も言っていた。

そこでしばらくヒーターを外してみた。

水温は10度前後。

するとニジイロボウズハゼ、イチモンジタナゴとも全く動かない。

というか全くほんとに姿をみせなくなってしまった。

ニジイロボウズハゼは、岩の下に潜り込み、イチモンジタナゴも4匹で身をよせあってじっと動かず。

ヒーターを入れて水温25度前後になると、活発に動き回るように。

そこで、日本の淡水魚でも冬の間はヒーターを点けることとしました。

イチモンジタナゴのエサは?

イチモンジタナゴなんでも食べるということで、前から残っていたテトラのエサ、アカムシをあげてます。

まだエサ投入と同時にパクパク食いついてはこない。

ただ沈下がはじまったエサを見つけると食いついてはきている。

冷凍アカムシのほうが、くいつきはいいです。

1回、アカムシキューブ 1/2個くらいをあげています。

created by Rinker
テトラ (Tetra)
¥674 (2023/02/04 14:38:11時点 Amazon調べ-詳細)

イチモンジタナゴ混泳は?

イチモンジタナゴと他の魚との混泳はできるのか?

問題なく混泳できそう。

仲間うち同士で、追いかけまわしあってるのをよくみる。

気性が荒いわけではなく、比較的おとなしい部類の魚。

つぎも日本淡水魚を投入するので様子をみてみたいとおもいます。

イチモンジタナゴの水槽レイアウト

隠れ場所を多めに。

結構4匹でまとまって岩場にいることが多い。

いぶし銀の水槽に

みてください。

このシルバーなボディ。かっこいい。

ネオンテトラなどカラフルな熱帯魚が振り袖なら、この日本淡水魚は紋付き袴。

まさにいぶし銀。

渋い。

2023年は「いぶし銀水槽」を目指します!

60cm水槽 初めての日本淡水魚 イチモンジタナゴ を飼う。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする